橫幅圖片

陸・海・空のシームレスな輸送

  • 陸・海・空の交通ネットワークが整い、多様な交通手段が選べます。高雄国際空港では週470便がアジアの22の主要都市と結ばれています。台湾桃園国際空港へも高速鉄道で簡単にアクセスでき、世界各地とスピーディに行き来できます。
  • 高雄港は台湾最大の商港であり、6つのコンテナセンターおよび122の埠頭を持つ世界13位のコンテナ港です。水深16.5m以上の深水コンテナ埠頭もあり、15,000TEU級以上の大型コンテナ船が停泊できます。「高雄港国際線旅客船ターミナル」が2018年に完工すれば、国際級の大型クルーズ客船が停泊できるようになります。近代的な建物の風格も高雄の国際観光の入口としてのフォーカス・ポイントです。
  • 高雄の環状ライトレールの沿海部分は、4つの公共施設および高雄多機能経済貿易パークを結んでいます。また、凱旋駅でMRTレッドライン、西子湾駅でMRTオレンジラインに接続しており、区内18本のバス路線や公共自転車システムと組み合わせたスピーディーでエコな公共交通ネットワークを利用すれば、スムーズな移動が可能です。
  • さらに、水上交通はアジア新湾区ならではの交通の一つです。旗津島と市内を結ぶフェリーは平均5分に1便で、住民にとって重要な通勤の足となっています。休日の旗津観光や海の風情を楽しむのにも、もってこいです。また、穏やかで心地よい遊覧船での港湾巡りでは、間近で国際港の雄大で美しい風景を堪能し、世界各国から来た船舶を間近に眺めることができます。

台湾初のオープンルーフ式二階建て観光バスが正式お目見え

  • 台湾史上初の「オープンルーフ式二階建て観光バス」が高雄を本格的に走ります。台湾初のライトレールと相互に接続し、アジア新湾区の経済・観光の発展を後押しします。
  • 試運転ルートは2本で、停車地点は当面はドリームモールを起終点とし、駁二特区、哈瑪星、ドリームモール、高雄エキシビションセンター、城市光廊、歴史博物館、MRT美麗島駅等の主要な観光スポットを巡るので、高雄の都市の風貌や河港の美を堪能できます。

高雄公共交通ネットワーク図