橫幅圖片

エキシビションセンター周辺土地開発シミュレーション図

  • 本エリアは現在、台湾中油、台湾電力等の国営企業が立地し、チャイナスティールグループ本部ビル、高雄ソフトウェアパーク等の重点投資施設にも隣接する本市のコンベンション・観光産業の核となるエリアです。周辺には高雄エキシビションセンター、図書館総館、ライトレール海浜部等の大型公共施設が次々とオープンし、2017、2018年には高雄港国際線旅客船ターミナル、海洋文化や流行音楽センターも完成します。情報通信、アミューズメント、コンベンション、海洋レジャー等の産業のポテンシャルを持ったウォーターフロントです。

205軍事工場移転開発シミュレーション図

  • 海と空の二つの港の中心にあり、57haの敷地を持つ205軍事工場は、アジア新湾区で最も広く、最も整ったエリアです。今後は国内外の投資を呼び込み、国際企業の本部の設置、地域の金融・商業取引、イノベーション研究等を推進していくと同時に、新興産業の入居による雇用機会の創出を促し、南部地域の経済発展を牽引する核としていきます。

旧港区開発シミュレーション図

  • 高雄市政府と台湾港務公司が共同で開発会社を設立し、旧港区ウォーターフロントの再開発と、世界の優良企業の誘致を進める予定です。デジタルコンテンツ、観光レジャー、文化クリエイティブ等の新興産業を発展させ、国際港湾都市高雄の輝かしい未来を築いていきます。